Top Message  |  代表挨拶

新たな産業・文化を創り人々に幸せや感動を提供する

私は2014年に当時勤めていたスタートアップ企業から独立するにあたって、会社を設立するのならば私が生まれてから死ぬまでに何か遺せたと思えるようなことをしたいと考えていました。自分が死ぬ間際にこれは自分が遺した会社だ、と胸を張って言えるような会社は、最低でも売上1,000億円を超える、産業や文化を作るような会社を作らねばならないと思い、「事業を通じて新しい産業・文化を作る」というミッションを設定しました。また、上記ミッションを達成するために、組織としては事業創造集団を作る、というビジョンを掲げております。

BitStarの元々の立ち上げ背景としては、YouTuberをはじめとしたインフルエンサーがコンテンツ産業を担う次世代スターになりうるのではないかと考えて、友人のYouTuberから支援をスタートしたのがキッカケにはじめた事業でした。

YouTuberは自分でコンテンツを制作し発信することもできる従来の芸能タレントとは異なる存在なので、彼らを支援していくためには新しいエコシステムが必要です。そのエコシステムとは、インフルエンサーの収益化を支援する「広告事業」、スターを生み出すための「プロダクション事業」、露出の場を作る「番組制作事業」、そして、これらをトータルにサポートするプラットフォーム開発です。

私たちは「インフルエンサーが活躍できるようなインフラを作る」という事業ビジョンのもと、彼らに価値貢献できるような事業を創造し拡大させ、産業や文化にまで発展できるような社会に必要とされる会社づくりを目指して参りますのでサイトをご覧の皆様、関わってくださっている皆様、是非ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。


代表取締役 渡邉 拓

BitStar Way  |  行動指針

BitStar Way

社員と企業の成長のための
自己実現を加速させる指針をご紹介します。

1. Make Value新たな価値創造

新たな価値を提供し世の中にインパクトを与える。身近な価値創造から新たな産業・文化が生まれる。

2. Professionalismプロ意識

責任感と当事者意識を持ち、専門性を高め、相手の期待を超える成果を発揮する。

3. Unity一致団結

多様なメンバーが一致団結することでより大きな成果を発揮する。

Executive Officer  |  役員紹介

渡邉拓

代表取締役  渡邉 拓

慶應義塾大学大学院 理工学研究科卒。専門は動画像処理・画像工学・VR。
在学中は学生スタートアップの立ち上げを行う。新卒ではスタートアップの社内新規事業の立ち上げとグロースに貢献。2014年7月には現BitStar(旧Bizcast)を創業。 現在はコンテンツ産業を担うメガベンチャーを作るべく、インフルエンサー支援プラットフォーム「BitStar」やプロダクション「E-DGE」をはじめとしたインフルエンサー事業を展開。

山下 雄太

取締役CTO 山下 雄太

慶應NY高を卒業後、慶應義塾大学理工学部電子工学科に進学し、ラクスル株式会社の創業に携わる。大学卒業後、グリー株式会社に入社し、SNSや国内外のプラットフォームの立ち上げに従事。また並行して国内外の新卒採用も関わり、同社のグローバルを担う人材採用にも貢献。2013年からラクスルにCTOとしてジョイン。
2016年より株式会社BitStar (旧Bizcast )にCTOとしてジョイン。

執行役員CFO 寺谷 祐樹

大阪大学基礎工学部卒業、2010年度公認会計士試験合格。EY新日本有限責任監査法人にて国内外投資銀行に対する会計監査・アドバイザリー業務に従事。その後、株式会社ミクシィにてスタートアップのM&Aや子会社取締役を歴任。2017年8月、雄渾キャピタル・パートナーズ株式会社に参画、バイアウト投資及び投資先支援に携わる。2019年3月、BitStarに入社。同年7月、執行役員CFOに就任し、コーポレートユニットを管掌。

執行役員 泊 大輔

関西学院大学卒業後、株式会社毎日放送に入社し、スポーツ番組、報道番組、大手代理店担当営業などに従事。その後、デジタル動画事業に携わりたいと考え、2016年7月にC Channel株式会社に入社。国内メディア統括執行役員として、動画制作、SNS、アプリ、WEB、オフラインイベントなどの事業を担当。2019年5月、BitStarに入社。同年7月、執行役員に就任し、メディア制作ユニットを管掌。

執行役員 矢澤 孝明

大学卒業後、上場企業での営業を経て、株式会社フルスピード(後に子会社の株式会社フォーイットへ出向)に入社。6年間、広告運用を担当。その後、株式会社ダイヤモンド・フィナンシャル・リサーチにてWebサイトのマネタイズに携わる。2016年に7人目の社員としてBitStarに入社し、創業期の成長を牽引。2017年7月、インフルエンサー広告事業の責任者に就任、2019年1月からはプロダクション事業の責任者を兼務。同年7月、執行役員に就任し、広告・プロダクションユニットを管掌。

社外取締役 深山 和彦

NTT、CCC / TSUTAYA online、リクルートを経て、グローバル・ブレイン(GB)に参画。 TSUTAYA onlineでは、経営企画、事業開発業務に従事。リクルートでは、経営企画室にて全社戦略策定や様々な領域の事業戦略支援を行った後、新サービスの立ち上げや各種サービスのマネジメント等に従事。現在は、GBのパートナーとしてテクノロジードリブンで業界に新たなイノベーションを創出するべくチャレンジするスタートアップに出資、支援を行っている。

常勤監査役 中島 由紀子

公認会計士。一般事業会社、公認会計士事務所での勤務を経て、有限責任あずさ監査法人に入所。有限責任あずさ監査法人では上場支援業務を主に行う第2事業部にて、通常の金融商品取引法監査および会社法監査に加えて、上場支援業務、短期財務調査、財務デューデリジェンス業務等に従事。2018年8月より当社の監査役就任。

社外監査役 掛川 紗矢香

東京女子大学英米文学科卒業後、株式会社GDH(現ゴンゾ)を経て2009年6月、グリー株式会社に入社。海外子会社立ち上げ、グローバルアカウンティングマネジャー等を担当する。2013年10月、10人目の社員として株式会社メルカリに参画。米国子会社設立、コーポレート基盤及び体制の確立、IPO準備等を手がけ、2015年2月、執行役員に就任。2018年4月に同子会社株式会社ソウゾウの取締役に就任。2019年4月、BitStar社外監査役に就任。

社外監査役 杉原 嘉樹

弁護士。長島・大野・常松法律事務所を経て、2011年に佐藤総合法律事務所入所。知的財産分野を得意とするほか、顧問弁護士業務を多数担当し、一般企業法務から労働法、資本政策、M&A、訴訟・紛争対応に至るまで、幅広い業務を手掛ける。IPO分野においては、上場準備会社の法務全般のサポートを行うとともに、不祥事を未然に防ぐための社内向けセミナーを実施するなどしている。2019年6月より株式会社エム・マーケティングの社外監査役に就任。2019年9月より当社の監査役就任。

顧問 三木 寛文

早稲田大学商学部卒。 JTBで法人営業に従事した後、サイバードでモバイルインターネット黎明期から数多くのモバイルコンテンツの新規事業を構築。その後グリーに初期メンバーとして入社して一貫して事業開発を担当。 GREEのモバイル化、通信事業者や各種コンテンツ企業との提携、広告宣伝部やプラットフォーム事業の立ち上げ、中国事業統括、その他新規事業構築などを歴任。現在は複数企業の社外取締役/顧問として、ベンチャー支援や事業サポートを手がける。

顧問 佐藤 明夫

弁護士。2003年に佐藤総合法律事務所を設立。M&A、金融、IPO、ベンチャー、IT・Fintech、危機管理、訴訟等、幅広く業務を行うとともに、事務所に公認会計士、弁理士、司法書士等を抱え、これらのプロフェッショナルと協働して様々なコンサルティングサービスを手掛けている。金融機関から事業会社、スタートアップ企業から上場企業・大企業まで多様なクライアントを有して顧問や社外役員を務め、20年以上にわたる関与実績を有するIPO分野では、IPO準備会社、証券会社、監査法人、信託銀行(証券代行)より様々な相談を受け、IPO関係者に広く知られている。

border

COMPANY PROFILE  |  会社概要

社名 株式会社BitStar
設立日 2014年7月10日
住所 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-17-5 シオノギ渋谷ビル6F
代表者/役員 代表取締役 渡邉 拓
取締役CTO 山下 雄太
社外取締役 深山 和彦
常勤監査役 中島 由紀子
社外監査役 掛川 紗矢香
社外監査役 杉原 嘉樹
従業員 130名
資本金 10億7738万8672円 (資本準備金含む)
事業内容 ・インフルエンサーマーケティング事業
・プロダクション事業
・メディア制作事業
・データマーケティング事業
・ファンコミュニティ事業
・VTuber事業
・SAPPORO COLLECTION事業
・ライバー事業
取引金融機関 みずほ銀行
りそな銀行
三井住友銀行
ページトップに戻る